葬儀の流れと注意点 - 家族葬を墨田区で行う

葬儀の定義の写真

葬儀の定義

葬儀とは、亡くなった人を喪に服して見送る儀式のことです。

葬儀と告別式を区別するのは非常に難しく、葬儀会社によっても異なります。ここでは、葬儀と告別式、通夜を含めた一連の葬儀を指して「お葬式」という言葉が使われていますが、「お葬式」と「告別式」を区別することはできません。家族との時間だけではなく、友人との時間も大切です。残された時間だけが問題ではありません。葬儀社によっては、お葬式とお通夜が含まれていると考えているところもありますし、火葬後にお葬式を行っているにも関わらず、お葬式はお葬式ではないと考えている人もいます。また、現在では葬儀と告別式を分けて考えることは非常に難しいため、葬儀と告別式を分けて考えない人もいます。さらに、両者を明確に区別しているわけではありませんが、「葬儀」というと、基本的には通夜の後に行われることを指します。中には、「葬儀」という言葉の中に死期を含まないことが多いという方もいます。しかし、このような用法の区別はあまり重要ではありません。

現在では、大切な人が亡くなった時に葬儀会社を利用する人が多くなっています。それは、病院でのお迎えから死後の自宅(または会場)への安置、高度な奉納まで葬儀会社が行ってくれるからです。また、多くの葬儀会社では、その後の法要(四十九日法要や一周忌法要など)にも対応してくれます。そのため、混乱することはほとんどありません。むしろ重要なのは、葬儀会社をいつ決めるか、一般的な葬儀の流れはどうなっているのか、どのような葬儀サービスが必要なのか、事前に検討すべきことは何か、ということです。

墨田区の家族葬で好評の葬儀社