葬儀の流れと注意点 - 家族葬を墨田区で行う

葬儀後のプロセス

葬儀後のプロセスの写真

1.火葬場に到着
2.最後のお別れと点火
3.刻んだ骨
4.初七日法要の場所に移動
5.精進落とし
6.解散。葬儀の前後には、数多くの書類が必要になります。国民健康保険や社会保険、国民年金の手続きも必要になりますし、場合によっては預貯金の名義変更も必要になります。しかし、葬儀に直接関係するものとしては、死亡診断書、死亡届、火葬許可証、埋葬許可証の3つがあります。死亡診断書は医師が発行するもので、本当に亡くなったことを証明するものです。死亡診断書は役所に提出するもので、故人の住所や氏名、本籍地などが記載されています。火葬・埋葬許可書は、亡くなった人を火葬したり埋葬したりするために必要な書類です。この3つの書類の扱いは以下の通りです。 この3つの手続きが完了し、死亡診断書と一緒に役所に提出し、火葬・埋葬許可証が発行されないと火葬の手続きをすることができません。そのため、故人を埋葬することができません。しかし、葬儀社に依頼すれば、第一段階は医師が発行し、第二段階、第三段階は葬儀社が代行してくれるので、これらの内容を覚えておかなくても問題はありません。ちなみに死亡届は死亡後7日以内に出さなければなりませんが、よほど特別な事情がない限り、これを超えることはないはずです。

墨田区の家族葬で好評の葬儀社