葬儀の流れと注意点 - 家族葬を墨田区で行う

葬儀社の選び方

葬儀社の選び方の写真

葬儀は一般的に、お通夜は故人の死後1~2日後(場合によっては当日や3日以上経過してから行うこともありますが)に行います。

また、故人が病院に安置されている時間も決して長くはありません。しかし、葬儀会社との生前契約が増え、生前の葬儀の精査が行われるようになった現代でも、生前でなくても葬儀を考えるのは縁起ではないという考え方があります。また、突然のことで突然亡くなることもあるかもしれません。考えてみれば、これは非常に不可解なことです。生前に準備をしていたかどうかは関係ありませんが、家族が準備をしていなかった場合は、大切な人を亡くしてからすぐに葬儀社を決める必要があります。葬儀は高額な費用がかかるため、葬儀は見積もりが重要だと言われることが多いのですが、葬儀会社と契約するための手続きをしない家族が多いのが現実です。葬儀会社を決めるまでの時間は決して長くはありません。お通夜は、亡くなってから1~2日後に行うのが一般的です。それよりも長くなることもありますが、これは会場などにもよりますので、葬儀会社を決めるための時間と考えるべきではありません。長くなるとどうしてもご遺体の体調が悪くなりますので、できるだけ早く葬儀社を選ばなければなりません。早い人の場合は、故人が亡くなる前に葬儀社を手配することもありますが、そうでない場合でも、長くても半日以内、遅くても1日以内には葬儀社を決める必要があります。それ以上に時間がかかるのは好ましくありません。とはいえ、病院側から「できるだけ早く故人を病院に連れて行ってほしい」という要望がある場合もありますが、1時間以内に葬儀社を決めるのはさすがに難しいでしょう。特に急逝の場合は、家族全員が立ち会っていない場合もあります。このような場合は、まずは病院と提携している葬儀会社に連絡して、とりあえず故人を自宅まで引き取ってもらうことになります。葬儀社は寝台車で迎えに来てくれて、その時間に自宅まで来てもらい、できるだけ早く自宅に遺体を安置してくれます。この葬儀社を利用して故人を自宅まで運びますが、家族が葬儀社を全く決めていない場合は、途中でこの葬儀社と本契約を結ぶケースもあります。明確な数字を出すことはできませんが、特にこだわりがなければそのままこの葬儀社を選ぶことが多いです。また、故人を埋葬する葬儀社には断る理由がありませんので、特に問題がなければそのまま契約することになります。病院と提携している葬儀社は、費用も高額になることが多いです。しかし、その心労を考えると、このような葬儀会社に依頼することは、新たに葬儀会社を探す手間を省くことができるので、決して間違った選択ではありません。ただし、故人の自宅まで車で送ってくれた葬儀社に葬儀を依頼しなければならないという決まりはありません。断ることができます。葬儀社をまだ決めていないと言って、態度が悪かったり、横柄だったり、契約を押し付けてくるような態度が見られるのであれば、その葬儀社は選択肢に入れてはいけません。故人を自宅に送ってくれたからといって、絶対にその葬儀社を利用しなければならないというわけではありませんが、順を追ってこの葬儀社に依頼した方が手間を省くことができるという2つのことを覚えておきましょう。

墨田区の家族葬で好評の葬儀社